メインの海紹介

AQUAでは、鹿児島、長崎、福岡、熊本の4つのエリアをメインにダイビングをしています。他にもオリジナルポイントが多数ございます。


鹿児島

枕崎

九州の南端に位置する枕崎市、カツオで有名なこの町ですが、ダイビングサイトとしても非常に充実したポイントです。

ここのお勧めポイントは何と言っても塩ヶ浦です。ダイバーの夢のひとつ、「カメに会いたい」。そんな願いを簡単にかなえてくれます。ビーチからエントリー。クマノミと遊んでいると、そっとお出迎え。あの目の可愛いこと・・・

坊津

九州の中でも抜群の透明度を誇るのが坊津の海。
サンゴと熱帯魚の世界が、四季を問わず広がります。
ダイナミックな地形・吸い込まれるようなドロップオフ・砂地が広がるポイントなど、変化にいとまがありません。南国特有のカラフルな世界に目を奪われることでしょう。
秋から冬、透明度が上がる季節、大物に出会える確率も高くなります。カンパチなどの回遊魚が泳ぎ、サメやエイなどに出会い、思わず「おおっ」と声を上げるかもしれません。水中でも声は出るんです(笑)

笠沙

鹿児島・笠沙の海は、暖かい黒潮の影響を受けて、たくさんの生き物が元気に暮らしています。サンゴに暮らす色とりどりの熱帯魚から、岩礁の海に現れる回遊魚まで、非常に豊かな海です。 
また、「日本一のサンゴ」と絶賛したくなるほど一面にサンゴ礁が広がるポイントも存在まします。サンゴの中を行き来する小さな魚たち。まるで魚の学校が存在するようです。

桜島

鹿児島のシンボル。時には、巨大な噴煙を沸き上げる桜島。錦江湾から望むその雄姿はまことに見事。
水中は、溶岩と砂のみごとなコントラストが広がります。
浅場は、ミドリイシやシコロサンゴがびっしりと覆い、クマノミやソラスズメダイなど、そこに存在するのは南国の海。
深場は、ドーンと落ち込むドロップオフ。まさに真っ暗な深海に引きずりこまれるような錯覚に陥ります。
生物も、アカオビハナダイ・ネジリンボウ・ハナハゼなどが美しさを競い、水底のヤギやムチカラマツの林、キザンゴの群生が私達を誘います。

福岡エリア

志賀島

福岡の中心地から車で約45分。博多湾の北部に位置する島。市街地から近いダイビングポイントですが、そこにはびっくりするくらいのサカナが泳いでいます。
夏場は風向きが南や南西で海が穏やかなため安定して潜ることができ、多くの熱帯魚も見られます。透明度は、夏は5m前後ですが秋~冬にかけては20m近く抜けるときもあります。

白瀬

エントリー/エキジットが最も楽なポイントで、講習ポイント・餌付けポイントにもなっています。
ナビチェーンや黄色のブイの設置により、迷子とは無縁です。

黒瀬

大潮の満潮時に潜ると水深18m以深のポイントまで行くことができます。
魚影も濃いのですが、エントリー/エキジットが少々大変です。

赤瀬

エントリー/エキジットが少々大変ですが、多くの瀬があります。
たまにカンパチやブリの子供(ヤズ)などの回遊魚にも遭遇できます。

恋の浦

さつき松原の景勝地、国指定史跡の古墳群、カブトガニの生息など、玄海灘を臨む自然に囲まれた地です。静かで暗くてきれいな場所ですので、ウミガメが産卵に訪れることでも有名な場所です。

テトラポイントは、エントリーがしやすく、講習にもよく利用されています。
水深は5~9m位の遠浅なポイントで、エントリーポイント付近は岩が多く、沖に行くと砂地が広がります。

京泊は、ビーチポイントです。砂地を泳ぎ、岩場に到着すると、そこはマクロな住民が集うエリアです。
エントリーの際、砂地を歩く距離が長いのが難点です。

恋の浦は、フォト派やフィッシュウォッチング派にも支持を受けています。マクロ系から時折出没する大物まで、ダイバーを飽きさせない環境がダイバーをひきつけています。

長崎エリア

辰ノ口

長崎市街地から30分、週末ともなると多くのダイバー集まります。
風の影響を受けにくく、頼りになるポイントです。
魚の数も豊富で、レアものも多々見られます。
また、ビーチエントリーですが、水深も30mは取れ、ディープ講習にも使えるというスーパーポイントです。
伊王島大橋も開通し、気軽に温泉に入って帰ることも可能になりました。

熊本エリア

白涛

完全な内海になっているのでほとんど荒れることのないポイント。透明度はあまりよくありませんが、マクロ派にはたまらないウミウシ天国。種類数も多いですが、混種も見られます。その他、タツノオトシゴや、エイ、時々シュモクザメなども見られます。

ナイトでは、昼とはまったく変わり、ミミイカ、冬は運が良ければダンゴウオも見ることができ、特に夜光虫が多いところも見所です。

妙見

熊本ダイバーのメインポイント。熱帯魚や回遊魚、カエルアンコウやエイ・サメの仲間まで幅広い種類の魚が見られます。4種類のイシモチが同時に見ることもできる珍しい場所でもあります。

 

 

PAGE TOP